1. トップ
  2. 製品ラインアップ
  3. 以前のモデル一覧
  4. MX-M310FG/MX-M260FGトップ
  5. 主な特長-ファクス-

MX-M310FG/MX-M260FG ラインアップはこちら

主な特長-ファクス-

ファクスを高速かつ効率的に使える
スーパーG3Fax/JBIG圧縮方式

スーパーG3Fax

最大33.6kbpsの高速電送を可能とするスーパーG3ファクスを搭載。また高効率圧縮方式JBIG方式を採用し、1枚の送信を2秒台で完了して通信時間の短縮と通信費の軽減を実現します。さらに読み取りと送信を並行させるクイックオンライン送信により、ファクス送信にかかるトータルの作業時間を短縮します。

当社A4標準原稿使用時、普通モード、スーパーG3(JBIG)送信時。

本体内部で用途別排紙ができる
ジョブセパレーター

ファクス受信中にコピーを割り込ませても、ジョブセパレーターにより混じり合うことなく別々に排紙できます。またフィニッシャー(MX-FN13)拡張時は、排紙トレイユニット(MX-TE10)※1を装着することでファクス受信とコピー出力の排紙を分けることができます。

ジョブセパレーター

●プリンターの排紙部を上段に設定することも可能です。環境や紙質によって枚数に満たない場合があります。
※1 装着するには、フィニッシャー(MX-FN13)が必要です。
※2 A4サイズの場合。

パソコンから直接送信
PC-Fax送信

パソコンで作成したドキュメントをダイレクトにファクス送信し、スピーディかつ簡単にデータを電送。ファクス送信時間の短縮とペーパーレス化にもつながります。

Windows環境のみ対応。

PC-Fax送信

ファクス受信を光でお知らせ
ファクス受信ランプ

ファクス受信ランプ

メモリー内にデータがある場合は、点滅してお知らせ。出力中も点滅を続け、出力が完了すると消灯します。

2種類の連続受信も仕分け出力できる
ジョブオフセット機能

受信するごとに文書をずらして出力するジョブオフセット機能を搭載。異なる相手から連続して原稿を受信しても、混ざり合うことなく取り出せます。

ジョブオフセット機能

相手先を簡単に指定
ワンタッチアドレス帳500件 / 順次同報200件

ワンタッチアドレス帳500件 / 順次同報200件

親展通信・中継同報通信・掲示板(リモート)通信が可能
Fコード対応

相手機種がFコード対応機であれば、メーカーなどを問わずに親展通信・中継同報通信・掲示板(リモート)通信が可能です。

面倒な手間を解消する
ブック / 長尺原稿(最大1,000mmまで)送信

A3幅・高精細モード時は除く。長尺原稿送信には両面原稿自動送り装置を使用します。

ファクスの使い勝手をさらにアップ
多彩な機能

□ メモリー送受信 □ 両面送受信 □ 回転送受信
□ 縮小送受信 □ 直接送信 □ 時刻指定送信
□ 分割受信 □ ページ分割 □ 電話/ファクス自動切換
□ 特定番号受信拒否設定 □ プログラムダイヤル(8件) □ ポーリング機能 (送信要求機能)
□ ダイヤルイン対応  


別途NTTとの契約が必要です。


このページのトップへ