オフィスソリューショントップご注文のご案内お問い合わせサイトマップ
トップ  >  製品ラインアップ  >  デジタルフルカラー複合機一覧  >  MX-C381/C310シリーズトップ  >  主な特長

MX-C381/310シリーズ

トップ主な特長仕様・価格オプションカタログPDFドライバダウンロード空白

主な特長

前へ次へ
両面印刷機能標準搭載

カラー自動判別

標準でSPDL2-cプリンタを搭載し、高度なプリント機能や編集機能を活用できます。 また、オプションのPS拡張キットでMac対応も可能です。 インターフェースには、USB2.0とGigabitまで対応した1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-Tを装備し、 高速インフラへの対応を可能としました。


  • ※1SPDLはSharp Printer Description Languageの略称です。
  • ※2PS拡張キット(MX-PKX5)が必要です。
  • ●最新のプリンタドライバはダウンロードページより入手できます。
写真:多彩なネットワーク環境に対応
 
クリックして拡大

高解像度プリントで微細な表現が可能
高品位出力を可能にする1200×1200dpi出力を実現しました。 小さな文字や微細な線による図面、繊細な写真などもつぶれを抑えくっきりと再現。 企画書やグラフィックなどの美しい仕上がりを可能としています。


ダイレクトプリント
TIFF、JPEG、PDF※1、新しい電子文書ファイルフォーマットのXPS※2ファイルをプリンタドライバを介さずに直接本体に送信して印刷できます。また、本体パネルからFTPサーバや共有フォルダ内のファイルを指定しての印刷、さらにUSBメモリーを接続し、メモリー内のファイルを印刷することもできます。
写真:ダイレクトプリント
  • ※1オプションのPS拡張キット(MX-PKX5)が必要です。
  • ※2オプションのXPS拡張キット(MX-PUX1)と増設メモリーボード(MX-SMX3)が必要です。
  • ● XPS(XML Paper Specification)

両面印刷機能標準搭載

IPプロトコルの次世代バージョンであるIPv6に対応(プリンタ機能のみ)。IPv4からIPv6へと、将来的なネットワーク環境の変化にも対応できます。

写真:ロゴIPv6

読み取った紙文書を電子データとして活用|ドキュメントファイリング
コピーやプリント、イメージ送信したデータを本体内蔵のハードディスクに保存できます。 必要な時にデータを呼び出して、印刷や送信することができ、 作業の効率アップが図れます。
写真:ドキュメントファイリング

再印刷にもスピーディーに対応|一時保存フォルダ
コピーやプリントするデータを簡単な操作でハードディスクの一時保存フォルダに保存可能。 ファイルを指定するだけで、スピーディーに再印刷できます。

各データを分かりやすく管理できる|標準フォルダ・ユーザーフォルダ
保存したデータにユーザー名やパスワードをつけて保管することができます。 また、ユーザーやグループごとに独自にフォルダが作成でき、個人やグループの情報共有に便利です。

前へ次へ
  • デジタルフルカラー複合機
  • 一覧に戻る
  • モノクロ複合機
  • 以前のモデル一覧