1. トップ
  2. 製品ラインアップ
  3. 以前のモデル一覧
  4. MX-2301FNトップ
  5. 主な特長-Sharp OSA®-

MX-2301FN ラインアップはこちら

主な特長-Sharp OSA®-

Sharp OSA(R) シャープ オーエスエー パソコンと連携して、さらに業務効率をアップ。Sharp OSA(R)なら、電子データを有効活用できる。

Sharp OSA®(シャープオーエスエー)

Sharp OSA(R)ロゴ

Sharp OSA®(Open Systems Architecture)は、、複合機の機能とアプリケーションソフトとを連携し、複合機がトータルアプリケーションの一部となって動作することが可能となります。複合機とアプリケーションが結びつくことにより、入力から処理、出力といった一連の作業を自動化し業務効率を向上させたり、より便利な使い方を作り出すことができます。例えば、名刺管理ソフトと連携し、名刺情報をデータベース化したり、文字認識ソフト(OCRソフト)と連携し、紙文書をテキストデータ化することにより書類の有効活用を図ることも可能です。

● Sharp OSA®に関しまして、詳しくはこちらをご覧ください。
● アプリケーションソフトとSharp OSA®との連携に関しましては、シャープドキュメントポータルでもご紹介しております。
●Sharp OSA® 連携では、別途オプションが必要です。

SharpFiling®連携システム(シャープファイリング)(MX-UFX/UFX1A)

文書管理ソフト SharpFiling®と連携し、パソコンで設定されているキャビネット名やバインダ名を複合機の操作画面上に表示し、データ保存先として指定し送信することができます。

MX-UFX1Aは追加1ライセンスキット。MX-UFX5が必要です。
●アプリケーション通信キット(MX-AMX2)が必要です。
●詳しい内容につきましては、SharpFiling® 製品情報 をご覧ください。

Sharp Print System®ライセンスキット(シャーププリントシステム)(MX-AK11)

パソコンからの印刷データをSharp Print System® サーバーへ保存。出力する際は、Sharp Print System ®サーバーに接続している複合機にログイン後、プリントデータを指定し出力することができます。

MX-UFX1Aは追加1ライセンスキット。MX-UFX5が必要です。
●アプリケーション通信キット(MX-AMX2)が必要です。
●詳しい内容につきましては、Sharp Print System®製品情報をご覧ください。

マシンの状態を遠隔で監視し、効率的なサービス&メンテナンスを実現
SHARP POWERNET SYSTEM®(シャープパワーネットシステム)

デジタル複合機のサービスやメンテナンスをもっと効率化したい。そのために生まれたのがシャープパワーネットシステムです。通信環境を利用して、遠隔で稼働状況を監視。事前にトラブル内容を把握でき、素早い対応が可能です。

SHARP POWERNET SYSTEM

シャープパワーネットシステムに関する詳しい内容につきましては、
お買い求めの販売店、または営業担当までお問い合せください。


このページのトップへ