1. トップ
  2. 製品ラインアップ
  3. 以前のモデル一覧
  4. MX-4111FN / MX-4110FNトップ
  5. 特長-ネットワーク-

MX-5111FN/MX-5110FN ラインアップはこちら

特長-ネットワーク-

Network ネットワーク連携で拡がる用途。オフィス業務の効率化とコスト削減を実現します。

作業効率を大きく高めるSharp OSA® 4.0

Sharp OSAロゴ

Sharp OSA®(Open Systems Architecture)は、複合機の機能とアプリケーションとを連携し、複合機がトータルアプリケーションの一部として使えます。入力から処理、出力といった一連の作業を自動化し業務効率をアップ。また、最新のSharp OSA®4.0を搭載することで、PCサーバーなしで活用したり、インターネットを介した広範囲でのシステム構築やサービスの提供が可能です。導入・管理コス トの削減、各拠点でのデータ活用などメリットは多彩。オフィスの業務効率を大幅に高めることができます。

作業効率を大きく高めるSharp OSA® 4.0

●Sharp OSA®につきましては、こちらでもご紹介しています。
●Sharp OSA®連携では、別途オプションが必要です。

ペーパーレス化を推進するSharpFiling®連携システム(MX-UFX5/UFX1A
(シャープファイリング)

文書管理ソフトSharpFiling®と連携し、パソコンで設定されているキャビネット名やバインダー名を複合機の操作画面上に表示し、データ保存先として指定し送信することができます。

■ペーパーレス化を推進
スキャンからパソコンへのデータ保存まで複合機のパネル上で行え、紙文書の電子データ化も簡単な操作でペーパーレス化を推進します。
■情報の共有化を推進
スキャニングしたデータをSharp OSA®連携用PCに作成した共有キャビネットに保存すれば、複数のPCから文書を参照も可能。オフィス内での情報の共有化を進められます。

●詳しい内容につきましては、SharpFiling®製品情報をご覧ください。
この商品をご利用になる場合はSharpFiling5ライセンスキット(MX-UFX5)が必要です。
アプリケーション通信キット(MX-AMX2)が必要です。

任意の複合機から出力できるSharp Print System®(MX-AK11)
(シャープ プリント システム)

パソコンからの印刷データをSharp Print System®サーバーへ保存。出力する際は、Sharp Print System®サーバーに接続している複合機にログイン後、プリントデータを指定し出力することができます。

■どの複合機からでも印刷
Sharp Print System®サーバーに接続している複合機なら、どの複合機からでも出力できるので、最寄りの複合機が使用中や故障中でも空いている複合機からすぐに印刷できます。
当社Sharp Print System®対応機種。
■出力用紙からの情報漏洩を抑止
本人がログインし印刷指示をするまでプリントされないため、出力用紙の取り忘れや放置による情報漏洩を抑止します。

● 詳しい内容につきましては、Sharp Print System®製品情報をご覧ください。
アプリケーション通信キット(MX-AMX2)が必要です。更に、PSプリンタードライバーを使用するには、PS拡張キット(MX-PK11)が必要です。


このページのトップへ