1. トップ
  2. 製品ラインアップ
  3. 以前のモデル一覧
  4. MX-3111Fトップ
  5. 特長-概要-

MX-3111F ラインアップはこちら

主な特長-概要-

高度な環境性能によりTEC値を大幅に低減。エコ&高機能でビジネスをサポートします。

高度な環境性能によりTEC値を大幅に低減。
エコ&高機能でビジネスをサポートします。

図説:クラス最小・最軽量

MX-3111Fは、TEC値をはじめとする省エネ・省資源などの環境性能を高めると共に、省スペース軽量ボディに毎分31枚(A4ヨコ)の高速性をはじめとする高機能を搭載しました。
また、シャープ独自のプラズマクラスターイオン発生装置も装着可能。地球やオフィス環境に配慮しながら、ビジネスのさらなる効率アップを実現しています。

本体のみ設置時。本体には両面原稿自動送り装置と1段給紙トレイが含まれます。2011年3月25日時点、A3カラーレーザー複合機20枚/分から40枚/分において、SHARP調べ。

消費電力の削減を徹底して追求、TEC値を大幅に低減。

ウォームアップ時間の短縮、新開発ベルト定着方式の採用、原稿読取り部の光源にLEDを使用、消費電力の削減に役立つ起動時間学習機能を搭載など、様々な環境テクノロジーを取り入れています。ネットワーク待機時でも消費電力は1W以下。TEC値を大幅に低減しています。

USB無線LANアダプター(MX-EB13)使用時を除く。


図説:TEC値・CO2排出量

グラフ:ウォームアップタイム 写真:LED光源の採用で消費電力を66%削減

※1 TEC値とは「Typical Electricity Consumption」の略。1週間の標準消費電力量のことで「国際エネルギースタープログラム」適合における基準となる値です。
※2 1kWh当たりのCO2排出量は使用端CO2排出原単位0.43kg-CO2/kWh(環境省「我が家の環境大臣事業」における環境家計簿)にて換算。年間電力消費量は、TEC値に365日(約52週)で算出。

1年間で杉の木約8本分が吸収するCO2に相当します。

●杉の木換算(年間吸収量)
杉の木1本(80年生の人工林)が1年間に吸収するCO2を約14kgと試算。
係数14は「地球温暖化防止のための緑の吸収源対策」環境省/林野庁公表に基づく。

省エネ・省資源・グリーン材料

【省エネ・省資源】
■Fax※1に加えネットワーク待機時※2消費電力1W以下を実現、光熱費削減と環境への負荷を低減させます。
※1 電源OFF時のファクス待受モード時。
※2 TCP/IP接続時。

■さらなる省エネをサポートする節電ボタンを搭載、
節電モードへこまめに切り換えることで省エネに役立ちます。
■有機資源による物質を一定基準以上含むバイオマスプラスチック製品としてBPマークが認証されました。

国際エネルギースタープログラムロゴマーク、グリーン購入法適合商品ロゴマーク、エコマーク認定商品ロゴマーク、バイオマスプラスチックロゴマーク

【グリーン材料】
■欧州RoHS規制に対応
欧州連合(EU)における電気電子機器に含まれる特定有害物質〈鉛や水銀、六価クロム、カドミウム、ポリ臭化ビフェニール(PBB)、ポリ臭化ジフェニルエーテル(PBDE)〉の使用制限に対応しています。
■環境に配慮した素材を使用
外装および内装部品にノンハロゲン樹脂(内部部品の一部は除く)を使用し、さらに塩ビ樹脂を含有していないACコードを採用しています。


このページのトップへ