SHARP シャープオフィスソリューショントップへ

お知らせ

2006年 2月 3日
Sharpdesk® 3.0をご利用のお客様への重要なお知らせ

弊社の文書管理ソフト「Sharpdesk® 3.0」において、ソフトウェアのバージョンアップや削除(アンインストール)を行った場合に『Sharpdesk® 3.0のインストール先フォルダが、サブフォルダも含めて全て削除される』という不具合が発生することがあります。

これはSharpdesk® 3.0のアンインストーラに起因する不具合ですが、デフォルトのインストール設定では、インストール先フォルダは「C:\Program Files\Sharp\Shardesk」になっておりますので、この設定のままインストールされた場合は問題ありません。

しかし、お客様ご自身によってインストール先フォルダを変更された場合、特に「C:\」、「D:\」、「C:\Windows」などを指定された場合は、上記の不具合によって意図しないフォルダやファイルが削除され、重大な問題となる恐れがあります。

弊社では、この問題への対応策として修正プログラムを提供しておりますので、お手数ですが以下の手順に従って対策を実施してください。

   
【Sharpdesk®バージョンの確認】
 

対策が必要なSharpdesk®製品は以下のとおりです。

   
  AR-NS1、AR-NS2、AR-U15 の各製品でCD-ROMラベルが「AR-NSシリーズ Version 1.4」となっているもの。
    (Sharpdesk® 3.0、Network Scanner Tool 3.0、Sharpdesk® Imaging 2.6が含まれています)
   
 

ソフトウェアのバージョンがわからない場合は、Sharpdesk®の[ヘルプ]メニューより[バージョン情報]を開いてご確認ください。

   
【修正プログラムの適用】
 

対象製品をお使いの場合は、弊社ダウンロードサービスより「Sharpdesk® 3.0アンインストレーション アップデートプログラム」をダウンロードし、インストールしてください。

   
  Sharpdesk® 3.0 アンインストレーション アップデートプログラム
Windows 95/98/Me/NT4.0/2000/XP用
   
  なお、修正プログラムのインストール時に「本修正プログラムを適用いただく必要はありません」というメッセージが表示される場合、お使いのSharpdesk®は本件の対象外ですので、この修正プログラムを適用する必要はありません。
   
【注意事項】
 

Sharpdesk®のインストーラCD-ROM(「AR-NSシリーズ Version 1.4」)をCD-ROMドライブに挿入した状態でのアンインストールを行わないでください。

修正プログラム(Sharpdesk® 3.0アンインストレーション アップデートプログラム)適用後であっても、インストーラCD-ROMをドライブに挿入したままアンインストールを行うと、修正プログラム適用前のアンインストール機能が実行され、不具合が発生する恐れがあります。

   
【本件についてのお問い合わせ窓口】
 
シャープマーケティングジャパン株式会社
ビジネスソリューション社
  ・ ナビダイヤル : 0570-051001
  ・ IP電話、PHSからは : 043-332-9910 [東日本]  
    : 06-6794-2909 [西日本]  
当ナビダイヤルは、全国一律10円/分となります。なお、携帯電話・自動車電話からおかけの場合は、全国一律10円/20秒となります。  
ナビダイヤルは、NTTコミュニケーションズ株式会社のサービスです。
ナビダイヤルをご利用になれないIP電話、PHSからおかけの場合は、上記の一般電話におかけください。
沖縄シャープ電機株式会社
  ・ 那覇 : 098-861-0866
   
サイトポリシー Copyright