SHARP 洗浄システム

1槽式真空洗浄乾燥装置 <UC-800>

受注生産

工場の生産工程で油やワックスの
汚れが付着した金属部品や工具を
スピーディに洗浄

1槽式真空洗浄乾燥装置

UC-800

主な特長

新搭載の真空低温沸騰方式で洗浄力アップ

真空状態から、さらに減圧して真空低温沸騰状態を作り、次に洗浄槽内を復圧し、沸騰を抑制した状態にして真空超音波洗浄を再開します。この2つの状態を交互に引き起こすことにより、蒸気の発生と凝縮を繰り返し、洗浄剤の急激な流れで洗浄力を向上させます。

  • STEP1 真空+超音波洗浄

    槽内を減圧することで洗浄液中の気体を抜き、超音波の伝播効率をアップ。

  • 空気 真空+超音波洗浄+加熱 真空(脱気後) 汚れ 超音波
  • STEP2 真空低温沸騰

    さらに減圧することで洗浄液の沸点が低下(80℃前後)。
    沸騰すると蒸気が発生し、洗浄液を汚れとともに押し出す。

    • * 使用する炭化水素系洗浄液(沸点:170~200℃)は減圧により沸点が下がり、80℃前後で沸騰する。
  • 空気 真空+沸騰+加熱 さらに減圧 蒸気
真空低温沸騰方式 STEP2と3を繰り返す
  • STEP3 空気導入

    空気を入れ復圧することで蒸気が凝縮され、洗浄液が流れ込む。
    減圧・復圧を繰り返すことで水流を発生させ、洗浄力をアップ。

  • 空気 真空+超音波+加熱 圧力が高める 超音波

乾燥スピードを早める洗浄槽ヒーター搭載

洗浄槽ヒーターの効果で、乾燥工程での洗浄剤蒸発に伴う温度低下が抑制され、乾燥時間を15%以上※1短縮しました。さらに、真空低温沸騰方式により、洗浄〜すすぎの時間も当社従来機比約30%※2短縮しました。

  • ※1ヒーターの稼動時と非稼動時の比較において。
  • ※2当社従来機 UC-700ADとの比較において。なお、洗浄物の形状や汚れの状態、使用する洗浄剤の種類により、実際の洗浄処理時間は異なります。

効率よく洗浄できる大容量バスケット採用

洗浄バスケットを当社従来機比2.7倍の30Lに大容量化。大量の部品でも一度に効率よく洗浄できます。

  • 当社従来機 UC-700AD(バスケット容量約11L)との比較。
バスケットイメージ

洗浄から乾燥まで自動運転

1槽で洗浄、すすぎ、乾燥まで全自動運転。標準洗浄工程は10分~15分です(超音波洗浄を使わない工程も選べます)。多槽式の洗浄装置に比べて、設置面積も抑えられます。

真空超音波洗浄(洗浄)→真空超音波洗浄(仕上洗浄)→真空乾燥

油溶性の汚れに対して強い洗浄力を発揮する炭化水素系溶剤を洗浄液に使用

  • 炭素と水素からなる化合物で、石油や天然ガスなどの主成分です。

システムアップソリューション

洗浄物や洗浄量に応じて、周辺設備の追加や自動搬送システムとの連結など、最適なソリューションをご提案します。

自動搬送システムで複数台を連結運用

処理量が多い生産ライン向けに、最大3台まで連結できる自動搬送装置(オプション)をご用意。多槽式の洗浄装置に比べ、メンテナンス等で装置を停止させる場合でも1台ずつ停止できるため、生産ラインが停止するリスクを低減できます。

■レイアウトイメージ

  • 整列型
  • I型
  • 3台連結時

水溶性加工油の洗浄にも対応

洗浄物表面から水分や水溶性汚れを分離できる「水置換槽(オプション)」を組み合わせれば、水溶性加工油の洗浄にも対応。自動搬送システム(オプション)との連結も可能です。

水置換(水置換槽/オプション)→洗浄→仕上洗浄→真空乾燥(UC-800/UC-700AD

ご購入ご相談窓口

製品ご購入に関する相談を下記窓口にてお受けしております。