SHARP法人のお客様

導入事例

製品カテゴリ
 
業種
 

ひらかたパークさま

PDF:1.3MB

無線LANアクセスポイントで広大な敷地にネットワーク構築
アクセスポイントを多段中継しても高速通信できる点を評価
業種

テーマパーク

導入の目的

サービス向上、業務効率化、売上拡大

導入製品
  • 無線LANアクセスポイント
    ・QX-C300H×8台
    ・QX-C300×2台

2017年2月に2台、2018年9月に8台、合計10台を園内各所に導入。
施工・管理:株式会社かんこうさま
設計:エイチ・シー・ネットワークス株式会社さま

導入先
ひらかたパークさま 大阪府/枚方市

各種アトラクションやイベントのほか、夏はプール、秋はイルミネーション、冬はスケートなど、一年中楽しめる関西屈指のテーマパーク。1910年(明治43年)開業という長い歴史を有される。

こんなソリューションを実現しました。

導入前の課題

広い敷地を活かしたお客さま参加型のイベントの実施のほか、お客さまサービスを充実させていくうえで、園内主要スポットでのWi-Fi環境が不可欠になりました。ところが、LANケーブル敷設に必要な埋設配管がなく、ネットワークの構築方法に悩んでいました。

導入後の変化
  • 離れた位置のアクセスポイント同士を無線で接続できるため、低コスト・短工期でのネットワーク構築が実現。
  • 多段中継(ホップ)させても通信能力が低下しにくい仕様で、ネットワークを拡張しやすいのもメリットでした。
  • 広い園内の主要なスポットでWi-Fiが活用できるようになり、イベントを実施できました。

お客様の声

導入の背景

お客さま参加型イベントでWi-Fi接続が必要。
LANケーブルを敷設する既存の配管がない。

広い園内を利用したお客さま参加型のイベントを計画するなかで、参加者にタブレット端末を貸与し、Wi-Fiにつなぐ必要が生じました。数万人が参加されるイベントのため、モバイルルーターでは対応できず、LANケーブルの敷設を検討。ところが、園内にはケーブルを敷設できる埋設配管が存在せず、広大かつ高低差もあるような敷地内にどのようにネットワークを構築するかが、大きな課題となりました。

株式会社京阪レジャーサービス ひらかたパーク事業部 営業チーム マネージャー 馬渕勝久さま(左)
株式会社かんこう 技術サービス事業部 事業推進部 参事 古賀博幸さま(右)

選ばれた理由

無線でネットワークが構築でき、低コスト・短工期。
多段中継しても安定した高速通信が可能。

そうしたなか、株式会社かんこうさまにご紹介いただいたのが、シャープ製の無線LANアクセスポイントでした。アクセスポイント同士が無線でつながるため、LANケーブルの埋設工事が不要となり、低コスト・短工期で導入できるのが一番の魅力でした。また、屋外での使用を前提とした高い耐候性に加え、アクセスポイントを多段中継しても通信能力の低下が小さい仕様のため、拡張性に優れている点も評価して、導入を決めました。

導入後の効果

Wi-Fiが使えることで楽しい新イベントが続々。
落とし物管理などのお客さまサービスも充実。

無線LANアクセスポイントを活用したイベントが大成功を収めたことを受け、ネットワークをさらに拡大し、現在10台のアクセスポイントを園内各所に設置しています。インターネット接続を前提としたインタラクティブなイベント提案も増えており、増設の結果、今後のイベント開催の幅も広がってくると考えています。また、これまではモバイル通信を利用していたお忘れ物管理システムの運用も、今回構築したネットワークに通信方法を切り替えることによって、今まで以上に安定した運用が可能になりました。

今後の展望

海外からのお客さま向け翻訳サービスや、
デジタルサイネージによる情報発信も計画中。

近年は海外からのお客さまも増えていることから、多言語案内などの強化も検討中です。具体的にはタブレット端末やデジタルサイネージを導入し、無線LAN接続による翻訳サービスの活用やコンテンツ配信を計画中です。

2019年2月制作

導入製品「無線LAN アクセスポイント」について

高性能の「無線バックホール方式」により、屋外でも手軽に無線LAN環境の構築が可能。