夢中になれる、AQUOSの光と音 | AQUOS 4K
米本学仁さん

夢中×テレビ

光が美しく、影の深さも届けてくれる。
「やってくれるぜAQUOS」って感じです(笑)

光が美しく、影の深さも

届けてくれる。

「やってくれるぜAQUOS」って

感じです(笑)

俳優

米本 学仁

身長180cm、体重180kgという圧巻のスタイルと確かな演技力で、人々を魅了する俳優・米本学仁さん。幼いころからテレビで放送される映画に夢中だったという米本さんが、「AQUOS EU1」で新たな映像体験に出会います。

米本学仁さんのバイオグラフィ

世界は繋がっていると教えてくれたのが映画。

夢中になれるものを探すため、渡米しました。

世界は繋がっていると

教えてくれたのが映画。

夢中になれるものを探すため、

渡米しました。

米本学仁さん

――今回のテーマが「夢中×映像」なのですが、米本さんがこれまでに夢中になった映像作品を教えてください。

小学生の頃、ほぼ毎日テレビのどこかのチャンネルで必ず映画が放送されていて、それを楽しみにしていました。壮大なストーリーや派手なアクションシーンに夢中になりつつも、アーノルド・シュワルツェネッガーやジャッキー・チェンが、自分と同じようにアイスクリームを食べている姿を見て、不思議な気持ちになったんですよね。“遠いところにいる人たちだけど、自分と同じことをしている”。世界は繋がっているんだ、ここじゃない場所も存在しているんだってことを、映画が教えてくれた気がします。

――そのときの経験を経て、映画の世界を志すようになったんですね。

ある時とても悲しいニュースを見て落ち込みました。そして僕には何が出来るのだろうって考えた時、思いやりの種になる想像力を僕に教えてくれた映画の世界に飛び込もうと思いました。 子供の頃から映画をたくさん見るうちに好きな監督ができました。そこから実際に映画の世界に飛び込むって決めてから、素晴らしい作品たちで僕を救ってくれた監督たちと一緒に仕事をしたいと思うようになりました。なぜか「僕も監督になりたい」ではなく、「この人のお手伝いをしたい!」と考えたんですね。

米本学仁さん

――その後、演技に出会い、役者としてハリウッドデビューされました。輝かしいアメリカンドリームを掴んだ人生に見えますが、葛藤や不安はありましたか?

たくさんありました。僕は、人を愛したいし愛されたいと思っているんですが、「愛されたい」ばかりを考えると、怖くて動けなくなってしまう。まずは自分自身を愛せるように、チャレンジしていたい。失敗を恐れず常に新しい現場や経験に飛び込むことを意識しています。ずっと安全圏にいると、何かに慣れていくだけだとなんだか自分が目減りしていく気がして……。怖くても不安でも、挑戦した経験は絶対にプラスになると思うんです。たとえ失敗したとしても「あのとき逃げずにチャレンジしたな」という事実が、きっと自分の糧になると思います。不安や葛藤、後悔があっても進んでいいんだ。むしろそういうものが人生を豊かにしてくれる。失敗するかもしれないところ、怖いところにこそ伸び代があるのだろうって感じています。

米本学仁さん
米本学仁さん

見たことのある作品なのに、
まるで初めてのよう。
光の使い方が違う映像を
見比べてみたいです。

見たことのある作品なのに、
まるで初めてのよう。


光の使い方が違う映像を
見比べてみたいです。

  • 黒の締まりを高めるLEDバックライト分割駆動、
    「アクティブLED駆動」

    アクティブLED駆動

    ※画像やイラストはイメージであり、
    実際の映像・構造とは異なります。

    AQUOS XLEDで採用した黒の表現力を高めるmini LED制御技術を応用し、映像に連動させてエリア毎に直下LEDを分割駆動。明暗箇所に応じた発光制御で、高コントラストな映像を実現します。

  • つややかな黒と低反射「N-Blackパネル」搭載

    N-Blackパネル

    ※画像やイラストはイメージであり、
    実際の映像・構造とは異なります。

    「N-Blackパネル」は、パネル表面の低反射コートに空気を封じ込めたナノカプセル配合素材を採用。映り込みの原因となるパネル表面と空気の屈折率の違いを少なくすることで、大画面ほど気になる外光や照明の映り込みを抑えて、黒が引き締まった見やすい映像を実現します。

大画面で楽しめるビデオ通話アプリ「Google Duo」

  • Google Duo

※画像やイラストはイメージであり、
実際の映像・構造とは異なります。

外付けUSBカメラ(別売)※1を接続して、スマートフォン、タブレット、スマートディスプレイ、ウェブ上で使えるビデオ通話アプリ「Google Duo」に対応します。※2※3オンライン帰省やリモート飲み会など様々な用途で、大画面で楽しめます。

※1動作確認済みカメラについては、当社ホームページ https://jp.sharp/support/aquos/ でご確認ください。
※2利用するには、お使いのデバイスに「Google Duo」アプリをインストールする必要があります。
※3相手側の機器によっては正しく動作しない場合もあります。

――AQUOS EU1で、海外ドラマや大自然の映像をご覧いただきましたが、いかがでしたか?

ひと言でいうとドキドキしました。見たことのある作品だったのに、まるで初めて見たような衝撃と興奮を感じましたね。音もクリアで、突然大きな効果音が出るシーンでは飛び上がっちゃいました。「やってくれるぜAQUOS」って感じです(笑)最新の映像作品を見るのも楽しいと思うけど、これまで何度も見た作品を見直すのも、面白い体験になるんじゃないかなと思います。

――もし米本さんのご自宅にあったら、どんな映像を見てみたいですか?

ドラマや映画はもちろん、スポーツとか自然の風景とか、光の使い方が違うものを見比 べてみたいですね。光って映像ではとても大切な要素なんですが、僕は映画を見ると き、“光”と同じくらい“影”も見ています。「何もない」んじゃなくて「影がある」んで すよね。「AQUOS EU1」なら影の深さや艶、質感をこれまで以上に届けてくれると思 いました。
特にホラー映画は怖さが際立ちそうですね。僕はホラーが苦手なんですが、どれくらい の恐怖体験になるか、ちょっと試してみたい気もします(笑)

――AQUOS EU1には、遠くに住む家族や友だちと繋がれる「リビングカメラ機能」が搭載されています。

これはすごく素敵な機能ですよね。僕は福島のおばあちゃんと繋ぎたいです。僕自身の祖父母は小さいときに亡くなっていて、寂しく感じることもあったんですが、去年結婚して、おばあちゃんができたんですよ。そのとき「人生で、新しくおばあちゃんができることってあるんだ!」って感動して(笑)。今は、おばあちゃんが毎日見ている朝ドラに出ることが夢です。朝ドラの放送後すぐにリビングカメラを繋いで、感想を聞いてみたいですね。大河ドラマに出たときもすごく喜んでくれたんですけど、「(演じている役が死んでしまい)思ったより早くいなくなっちゃったね」と言われてしまったので(笑)。

――アメリカや日本など、さまざまな国の映像作品に参加されていらっしゃいますが、撮影現場で気をつけていることはありますか?

“聞く耳を持つ”ことです。現場で、なんだか自分がふわっとして軸が定まらないなと感じるときは、ひとりよがりの発信をしているときが多い気がします。役者として、もちろんアウトプットすることは大切なんですが、同じくらい、もしくはそれ以上に“聞く”ことが大切だと思っています。それは言葉だけではなく、言葉にされていない相手役の想いや、監督が望むこと、考えていることを感じる力に繋がるかもしれません。

――そのためには、チームワークやコミュニケーションが大切になりますね。

そう思います。ニューノーマルのときアメリカにいて、まったく外に出られない期間がありました。やりたかったプロジェクトもキャンセルになって、部屋でひとり落ち込んでいたら、隣のマンションで屋根の補修をしている人がいて。歌いながら楽しそうに仕事をしている姿を見て、なんだか自分自身がすごく小さくて弱い存在に感じたんです。ひとりでは何もできない。ゼロからイチを創り出すことはせず、誰かが作ってくれたチームの一員なんだな、と。
でも1日じっくり考えて、僕はやはりチームでやるからこそ、この仕事がすごく好きなんだと感じました。誰かと交わし合っていたい。その掛け算のとんでもない伸び代、可能性にワクワクします! 今は、自分という人間のすべてを使いたい気持ちでいっぱいなんです。動きや表情、声、体型――存在ぜんぶを無駄にせず、自分を完全燃焼させたい。そうして参加した作品を見て、小さいころの僕が感じたように「映画って素晴らしい」と思ってくれる人がいたら、こんなに嬉しいことはありません。

――最後に、今、夢中になっていることをお聞かせください。

結婚して、料理をするようになりました。ひとりだとモチベーションになりづらいけど、食べてくれる人がいるってすごく励みになりますね。単純に自分が作ったものに「美味しいね」「すごいね」って言ってもらえるのってめちゃくちゃ嬉しいんです。最近は今までじゃ考えられないフルーツやハーブを使ったおしゃれなサラダや、アボカドとベーコンの炊き込みご飯を作りました。手を動かしながら、先の工程や作業を考えるのも楽しいんですよね。あとは、お風呂のなかで目を瞑ってぼーっとすることかな(笑)

チームの一員であるからこそ、


この仕事が好き。


ひとりよがりにならないことを


心がけています。


チームの一員であるからこそ、

この仕事が好き。

ひとりよがりにならないこと

心がけています。

米本学仁さん
TV AQUOS Special Movie 夢中になった映画が世界を教えてくれた。 米本学仁

▼記事で紹介している機種はこちら

アクティブLED駆動&前傾ハイトスピーカー、4K液晶テレビ AQUOS 4K 4K液晶テレビEU1ライン

夢中になれる、AQUOSの光と音

Special Interview

×