Now Loading...

AQUOSだからできた8K

フルハイビジョンの16倍という膨大な情報量の8Kには、今までのシャープの高度な映像技術を結集して作り上げた新開発の8K画像処理エンジンと8K液晶パネルが必要でした。

AQUOSの高精細パネルと未知の処理スピード

新開発
「AQUOS 8K Smart Engine PRO」

約3300万画素もの膨大なデータを倍速でリアルタイム表示するためには、新たな画像処理エンジンの開発が必要でした。「AQUOS 8K Smart Engine PRO」によって、8K映像はもちろん、フルハイビジョンや4Kなどのコンテンツも、8K高解像度映像にアップコンバートし、高精細な8Kパネルに最適化されるので、どんな映像でもよりいっそう美しく楽しむことができます。

8K倍速表示のため高速な画像エンジン

AQUOS 8K AX1/AW1シリーズはフルハイビジョンの16倍という解像度に加え、1秒間に60枚で送られてくる映像を一枚ずつ補間して1秒に120枚で表示できます。そのためにはフルハイビジョンの32倍に相当する※1膨大なデータをリアルタイムで画像処理する必要があります。そこでシャープでは新たに微細半導体プロセス技術を用いた「AQUOS 8K Smart Engine PRO」を開発しました。これは従来のテレビ※2で使われている画像エンジンと比べて、8.8倍という大幅に向上した処理能力を持っています。

※1 フルハイビジョン(1,920×1,080画素、60Hz)に対し解像度16倍、表示フレーム数2倍。
※2 従来機種比 LC-80XU30比

像処理エンジン AQUOS 8K Smart Engine PRO

※ 従来機の8.8倍という処理能力をもつ
「AQUOS 8K Smart Engine PRO」

8K精細感復元アップコンバート

映像ソースが8Kなら、超高精細8Kパネルの実力が最大限に発揮できます。さらに、8Kよりも解像度の低い、フルハイビジョンやブルーレイのフルハイビジョン映像、またはULTRA HDブルーレイやネット配信の4K映像であっても、AQUOS 8Kなら美しい映像を楽しめます。解像度の低い映像は、その信号を解析して、もとの被写体が本来持っている精細感を推測、微細情報を復元することで、8K解像度にアップコンバートします。8Kの解像度未満の映像でも、高精細8Kパネルに最適化された、クリアで精細感の高い美しい映像を楽しめます。

8K精細感復元アップコンバート イメージ画像

8Kリアリティ復元アップコンバート

さらにフルハイビジョンや4Kの解像度の映像を、8Kの解像度に拡大したときには、ディテールを詳細に表現できず、ぼやけてリアリティに欠ける映像になってしまうこともあります。そこで、8Kリアリティ復元アップコンバートでは不足しているディテールの対象画素とその周辺情報を広範囲に分析し、もとの被写体が本来持っている形状を推測します。その情報をもとに、もとの被写体がもっていた情報を映像に補間し、ディテールを復元して、リアリティのある映像を表現します。

8Kリアリティ復元アップコンバート イメージ画像

8K3Dノイズリダクション

解像度の足りない映像を8Kにアップコンバートすると、映像に含まれていたノイズ成分も増幅されてしまうことがあります。8K3Dノイズリダクションは、映像信号のノイズ成分を解析し、映像の特徴に合わせたノイズ低減処理を行います。それによってアップコンバートしても、精細感の復元とノイズの低減を両立させた、クリアで自然な画質を実現しています。

8K3Dノイズリダクション イメージ画像

8K倍速(120Hz)補間表示

高密度な8K映像を解析して、被写体の動きを検出し、フルハイビジョンの32倍にもなる大容量データをリアルタイムに処理。フルハイビジョンや4Kの1秒間に60枚の画像で表現する60Hz映像でも、アップコンバートで8Kの中間映像を生成して映像に補間します。8K映像による高精細かつなめらかに動くリアルな表示を実現します。

※ フルハイビジョン(1920×1080画素、60Hz)に対し解像度16倍、表示フレーム数2倍。

8K倍速(120Hz)補間表示 イメージ画像
質感や空気感までも再現するほどのリアルな映像

高精細、高輝度、広色域の
新開発8K液晶

8Kの超高画質な映像は、ハイビジョンの16倍という高精細に加え、よりリアルで豊かな色の再現、さらに明るさの表現力も高めることで映像はよりリアルで感動的なものになります。液晶パネルを作り続けてきたシャープだからこそできる、高度な技術を駆使し、今までにはない全く新しい8Kという未知の美しい映像を作り上げました。

8K液晶に必要な高精細、高輝度、高色域

圧倒的な高精細の「8K倍速液晶」

液晶パネルの画素数は、フルハイビジョン(2K)が約200万、4Kは約800万なのに対して、8Kでは約3300万と圧倒的に多くなっています。さらにこの超高精細パネルを倍速120Hzの高速で駆動し、約3300万画素の情報量を秒間120枚という膨大な情報量で表示します。この高精細でなめらかな動きが、自然でリアリティのある映像を再現しています。

従来の解像度と8Kの解像度の比較
  • 従来の解像度

  • AQUOS 8Kの解像度

従来のフレームレートと8Kのフレームレートの比較
  • 従来のフレームレート
    60枚/秒

  • AQUOS 8Kのフレームレート
    120枚/秒

フェンシング コマ送り

高透過率液晶による高輝度映像

高い透過率を持つUV²A、UV²AⅡ液晶技術により、高密度な8K映像でも明るく抜けの良い高輝度8K映像を実現しました。さらに映像信号を自動解析し、光源や反射部など、映像の輝き成分を検出して復元する「メガコントラスト(ダイナミックレンジ拡張技術)」による高輝度HDR(ハイダイナミックレンジ)映像で、さらにリアルで鮮やかな映像を表示します。とくに80V型では従来機種4倍の輝き復元を実現しています。そしてHDR映像は、新4K8K放送で採用される「HLG(ハイブリッドログガンマ)」方式と、Ultra HDブルーレイで採用されている「HDR10」のどちらの方式にも対応しています。

高透過率液晶 比較画像

高透過率液晶で高輝度な明るい画像を再現
※ LC-70X500比

広色域で豊かでリアルな色を再現

8K/4K放送では従来のフルハイビジョンに比べて、より自然界の色に近い、広い色域が採用されています。シャープでは新開発の「広色域カラーフィルタ&広色域蛍光体」を最適バランスで組み合わせることにより、この広い色域(ITU-R BT.2020)を豊かに再現する「リッチカラーテクノロジープロ」を搭載。特に人の目に鮮やかさを感じやすい赤色の再現力が向上し、従来の4Kテレビ(4K AQUOS 4T-C60AJ1)比で17%もの色域を拡大しています(80型の場合)。これによって色の透明感や映像の奥行き感を高め、よりリアリティのある映像を再現します。

リッチカラーテクノロジー搭載、非搭載比較画像

明るい部屋でもきれいに見える液晶パネル

家庭で映像を見るときには、わざわざ部屋を映画館のように暗くするよりも、明るい室内で見る機会が大半です。そこで本機種の液晶パネルではピーク輝度を、従来モデルよりも80型は4倍もの向上を実現しました。これによって明るいシーンでの輝きはよりいっそう明るく、くっきりと鮮やかに再現できます。さらにシャープ独自の低反射N-Blackパネルの採用によって、照明などの映り込みを抑え、つややかな黒も再現します。

高透過率液晶 比較画像

明るい環境化でも鮮やかに見える液晶パネル
※ LC-70X500比

今まで再現できなかった繊細な色も豊かに表現

Line up

AQUOS 8Kさあ、未体験の感動をあなたのリビングへ。
AQUOS 8Kワールドが実現する驚愕の臨場感。

世界初※1の8Kチューナー内蔵テレビ。
8K倍速液晶と8K高画質エンジンで、
AQUOS史上最高画質を実現。

8T-C80AX1:画像

2018年12月、いよいよ8K放送※2がスタート。今までのフルハイビジョンに比べて、8Kは16倍の画素数を持つ驚異的な高精細映像。
さらに色再現範囲を大幅に広げた広色域化や、映像本来の明るさやコントラストを再現するHDR対応、加えて映像にあわせ、全身を包み込むような三次元音響が採用されています。
まるで実物を目の前にするかのような、未知の映像と音響体験が出来る、全く新しい放送です。シャープでは、この最高位の体験を、AQUOS 8Kを核にオーディオシステムや8K録画など、ご家庭で存分に楽しめるトータルシステムでご提案いたします。

※1 2018年11月発売予定。2018年12月に開始されるBSによる8K放送の受信機能を搭載したテレビとして。

※2 8K放送とは、2018年12月に開始されるBSによる8K放送のことです。8K放送のご視聴には、左旋・右旋円偏波対応のアンテナ、分配器、分波器、ブースター、ケーブル等に変換が必要な場合があります。

8K倍速液晶と新開発8K高画質エンジン「AQUOS 8K Smart Engine Pro」が
ハイビジョンや4K放送も、8K高画質で再現

AQUOS 8K 関連製品

8K対応テレビと接続して新4K8K衛星放送が楽しめる、8Kチューナー。

8S-C00AW1:画像

※ HDMI端子を4端子搭載する8K対応テレビとモニターに対応(2018年11月発売予定 8T-C60AW1、2017年12月発売 LC-70X500、2017年6月発売 LV-70002、2015年10月発売 LV-85001)。

8K放送の立体音響をリビングで。全身を音に包まれる体験を提供する、シアターバーシステム。

8K放送の録画に対応したUSBハードディスク。
お気に入りの番組は8K番組のまま高画質でいつでも楽しめます。

AQUOS 4K

ハイビジョンを凌駕する新4K衛星放送を存分に。
さらにAI(人工知能)が新しい便利さをお届けします。

4T-C60AN1:画像

※ 新4K衛星放送とは、BS・110度CSの4K放送のことです。新4K衛星放送のご視聴には、右旋・左旋円偏波対応のアンテナ、分配器、分波器、ブースター、ケーブル等に交換が必要な場合があります。

AQUOS NAVI
ページトップ