楽しみ方拡がる

世界最高品質の8K放送※1が楽しめる、8Kチューナー&4Kダブルチューナー内蔵

70V型
60V型

8K放送の視聴、録画に対応

8K放送※1は、今までのフルハイビジョンに比べて16倍の画素数(7,680×4,320画素)を持つ高精細映像で、さらに色再現範囲が大幅に広がり、映像本来の明るさやコントラストを再現するHDRに対応、また全身を包み込むような三次元音響を採用した、未知の映像と音響体験ができる放送です。 本機ではBSによる8K放送を受信する8Kチューナーを内蔵。新4K8K衛星放送対応アンテナ等を接続することで、すぐに放送が楽しめます※1。さらに外付けハードディスク<8R-C80A1>と組み合わせれば、8K放送を録画し、好きな時に再生ができます。

4K放送を視聴中に別の4K放送と地上/BS/CSデジタル放送の2番組同時裏録画が可能※2

スポーツや映画など多様なジャンルを、フルハイビジョンの4倍きめ細かい(3,840×2,160画素 )高画質で身近に楽しめます。さらに、本機は新4K衛星放送を楽しめるBS4K・110度CS4Kチューナーを2基内蔵し、4K放送を視聴中に別の4K放送と地上/BS/CSデジタル放送の2番組を同時に裏録画することができ、見たい番組を逃すことなく、存分に楽しめます。

4K放送を視聴中に別の4K放送と地上/BS/CSデジタル放送の2番組同時裏録画が可能4K放送を視聴中に別の4K放送と地上/BS/CSデジタル放送の2番組同時裏録画が可能

多様なジャンルを4Kで放送する18チャンネル(2019年12月現在)

多様なジャンルを4Kで放送する18チャンネル多様なジャンルを4Kで放送する18チャンネル
  • ※18K放送とは、2018年12月に開始されたBSによる新4K8K衛星放送の8K放送のことです。 新4K衛星放送とは、BS・110度CSの4K放送のことです。新4K8K衛星放送のご視聴には、右旋・左旋円偏波対応のアンテナ、分配器、分波器、ブースター、ケーブル等に交換が必要な場合があります。 
  • ※2別売のUSBハードディスクが必要です。新4K衛星放送の2番組同時録画には対応していません。

大切なシーンを見逃さない「AQUOSタイムシフト※1

70V型
60V型

AQUOSブルーレイ※2と接続することで使える便利なタイムシフト機能。今見ている番組をAQUOSブルーレイ※2が自動で録画する※3ので、大切なシーンを見逃さずに楽しめます。

大切なシーンを見逃さない「AQUOSタイムシフト」

ちょっと待っテレビ

電話や来客などでテレビを離れるときは、AQUOSのリモコンで放送中の番組を一時停止。用事が済み次第、続きから視聴を再開できます。レコーダーの操作なしで楽しめます。

ちょっと待っテレビ

ちょっと戻っテレビ

決定的シーンを「見逃した!」「もう一度みたい!」という時は、そのシーンまでさかのぼってもう一度見られます。

ちょっと戻っテレビ
  • ※1AQUOS タイムシフトは、 新4K8K 衛星放送には対応していません。
  • ※2AQUOSタイムシフト機能対応のAQUOSブルーレイについては、(https://jp.sharp/support/av/dvd/data/intro/familink_02.html)をご覧ください。AQUOSタイムシフトを行うにはあらかじめAQUOSのファミリンク設定とAQUOSブルーレイのタイムシフト設定が必要です。データ放送中や録画禁止番組、AQUOSブルーレイのチューナー状態等によってはタイムシフトが作動しない場合があります。
  • ※3タイムシフト設定をした時は、AQUOSブルーレイが自動的にタイムシフトのための一時的な録画(最大90分)を行います。

AQUOSのリモコンひとつで、かんたん操作「ファミリンクパネル」

70V型
60V型

AQUOSブルーレイなど※1の接続している対応機器に合わせた操作パネル※2を表示し、AQUOSリモコンで簡単に操作できます。またファミリンクで接続した機器の動作情報も表示されます。

AQUOSのリモコンひとつで、かんたん操作「ファミリンクパネル」
  • ※1AQUOS 4Kレコーダーは、ファミリンクの再生機器(プレーヤー)として認識されます。ファミリンク録画には対応していません。AQUOS 4Kレコーダーに録画の際は、AQUOS 4Kレコーダーのリモコンをお使いください。
  • ※2小型操作パネルは視聴中の画面上に表示されます。パネル上で行える操作には制限があります。