AYHD

プラズマクラスター

プラズマクラスター25000搭載
プラズマクラスター25000
プラズマクラスターイオンでお部屋の空気をキレイに。冷暖房を使わない時も、プラズマクラスターの運転ができます。
  • 当技術マークの数字は、商品を壁に設置し、「風量最大」運転時にプラズマクラスター適用床面積の部屋中央(床上1.2m)で測定した1cm³当たりのイオン個数の目安です。

このページのTOPへ

冷暖房を使わない季節にも、プラズマクラスター単独運転
プラズマクラスター単独運転
プラズマクラスターイオンが、気流に乗ってお部屋に広がり、空気をきれいにします。電気代も1時間あたり約0.5円と経済的で、オフシーズンや大掃除の仕上げなどに役立ちます。
  • AY-H80X2。プラズマクラスター単独運転、新電気料金目安単価27円/kWh(税込)で試算。消費電力16.9Wh。

このページのTOPへ

自動でお部屋を清潔に、プラズマクラスターパトロール
プラズマクラスターパトロール
エアコン停止中、カビが生えやすい環境を検知すると自動的にイオンをお部屋に放出し、お部屋のカビを抑制※1すると同時に、エアコン内部のカビも抑えます※2。また新たに、人の不在も検知をすると自動的にイオンを放出し、付着臭も消臭(H-Xのみ)※3します。

●〈浮遊カビ菌〉約230分後の効果です。試験空間:約8畳相当
〈付着カビ菌〉約8日後の効果です。試験空間:約6畳相当


●プラズマクラスターパトロールはリモコン設定していただく必要があります。

  • ※1
    〈浮遊カビ菌〉●試験機関:(一財)石川県予防医学協会●試験方法:約33m³(約8畳相当)の試験空間にて、プラズマクラスターパトロール運転(お部屋プラス)を実施し、浮遊カビ菌をエアーサンプラーにて測定。■試験結果:約230分で除去率99%。〈付着カビ菌〉●試験依頼先:(一財)日本食品分析センター●試験成績書:第16096325001-0101号(平成28年9月20日)●試験方法:当社にて室温25℃、湿度90%の約22m³(約6畳相当)の試験空間にカビ菌を付着させたベニヤ板を置き、プラズマクラスターパトロール運転(お部屋プラス)を実施。JISZ2911を参考にしてカビ発育面積を比較。■試験結果:8日後にカビの増殖を抑制。
  • ※2
    ●試験依頼先:(一財)日本食品分析センター●試験成績書:第16088074001-0101号(平成28年8月22日発行)●試験方法:送風路の材料表面(ABS樹脂)にカビ菌を付着させ、プラズマクラスターパトロール運転(お部屋プラス)を実施。JISZ2911を参考にしてカビ発育面積を比較。■試験結果:3日後にカビの増殖を抑制。
  • ※3
    ●試験機関:当社調べ●試験方法:約40m³(約10畳相当)の試験空間にて、タバコのニオイ成分を染み込ませた試験片を吊るし、プラズマクラスターパトロール運転(お部屋プラス)を実施。消臭効果を6段階臭気強度表示法にて評価。■試験結果:約64分で気にならないレベルまで消臭。●ニオイの種類・強さ・対象物の素材などによって、ニオイの除去効果は異なります。

このページのTOPへ

部屋干しのイヤなニオイを抑える、部屋干しモード
部屋干しモード
暖房と除湿を組み合わせて効率よく洗濯物を乾燥。2時間の運転で約4kgの洗濯物を乾かし、さらに部屋干しのイヤなニオイも抑えます。
  • AY-H40X2において。当社試験室(14畳)にて。外気温27℃、室外湿度80%、室温27℃、室内湿度80%で、「部屋干し」を2時間運転。Yシャツ20枚相当の洗濯物4kgが乾燥することを確認。洗濯物の干し方や素材、使用環境などによって、乾燥時間は異なります。●試験機関:当社調べ●試験方法:吹き出し口から約1mの位置に、部屋干し衣類の生乾きのニオイ成分を付着させた試験片を吊るし、部屋干し運転を実施。消臭効果を6段階臭気強度表示法にて評価。■試験結果:約2時間で気にならないレベルまで消臭。

このページのTOPへ

COCORO AIR

専用スマートフォンアプリで、もっと便利に
専用スマホアプリ
エアコンに無線LAN機能を内蔵しました。専用のスマートフォンアプリを使えば、外出先から運転オン・オフはもちろん、風量・風向やタイマー設定まで自在にエアコンの操作ができます。また、アプリ1つでシャープのエアコン・空気清浄機※1をまとめて10台まで管理することができ、暖房すると自動で加湿する※2などエアコンと空気清浄機を連携することもできます。

●ブロードバンド回線(常時接続)が必要です。プッシュボタン方式対応の無線LANアクセスポイント機器(別売)が必要です。

  • ※1
    2017年度発売のクラウド対応機種
  • ※2
    空気清浄機運転中のみ。

このページのTOPへ

清潔

プラズマクラスターでエアコン内部のカビを抑制
プラズマクラスターパトロール内部
【プラズマクラスターパトロール(内部)】
エアコンの停止中に、温度20℃、湿度70%を上回ると運転をオン。ファンを逆回転させることでエアコン内部の空気を動かすとともに、高濃度イオンで満たし、カビの発生を防ぎます。※1(送風路)

●すでに発生したカビはとれません。

●お客様ご自身でリモコン設定していただく必要があります。

プラズマクラスター内部清掃
【内部の湿度をカット、内部清浄】
運転停止後、エアコン内部を乾かすと同時にプラズマクラスターイオンを送り、カビの増殖を抑えます。※2(送風路)

●カビの増殖抑制は、プラズマクラスター25000搭載機種の試験結果です。

  • ※1
    ●試験依頼先:(一財)日本食品分析センター●試験成績書:第14104040001-01号(平成26年10月29日発行)●試験方法:当社にて、室温30℃、湿度80%の条件で3日間エアコンを設置。内部パトロール入の場合と、切の場合で、カビ菌を付着させた送風路の材料表面(ABS樹脂)のサンプルを試験依頼。JISZ2911を参考にしてカビ発育面積を比較。■試験結果:3日後にカビの増殖を抑制。(入の場合、カビの発育が認められない。切の場合、菌糸の発育は激しく、試料全面を覆っている。)
  • ※2
    ●試験依頼先:(一財)日本食品分析センター●試験成績書:第14019979001-01号(平成26年3月11日発行)●試験方法:当社にて、室温30℃、湿度60%の条件で、冷房運転を8時間/日 実施。運転後に内部清浄を行った場合と、内部清浄を行わない場合で、カビ菌を付着させた送風路の材料表面(ABS樹脂)のサンプルを試験依頼。JISZ2911を参考にしてカビ発育面積を比較。■試験結果:8日後にカビの増殖を抑制。(内部清浄ありの場合、カビの発育が認められない。内部清浄なしの場合、カビの発育面積が全体の50%以上。)
  • ※3
    AY-H40X2。内部パトロール運転、新電気料金目安単価27円/kWh(税込)で試算。消費電力量7.3Wh。

このページのTOPへ

熱交換器を清潔に、親水性コート
親水性コート
冷房時と除湿時はドレン水で、熱交換器についた汚れを浮かせて、ドレン水とともに室外へ洗い流します。
  • テストピースによる耐汚染性試験にて検証。台所等の油汚れが多い場所でのご使用時は、熱交換器の洗浄が必要になる場合があります。

このページのTOPへ

気流

エアロダイナミックフォルム
空気力学に基づいて効率的に風を送る構造を採用しています。

このページのTOPへ

上下・左右自動スイング
上下左右自動スイング
リモコン操作だけで風の方向を自由にコントロールできるので、お部屋の隅々まで快適です。

このページのTOPへ

暖房・冷房

上下反転ルーバー搭載
上下反転ルーバー搭載
ルーバーを反転させることで、冷房時は天井方向に沿って送風し、冷えすぎを抑えます。暖房時は足もとへ暖かさが届くよう温風を抑え込みます。

このページのTOPへ

省エネ

ボタン1つで省エネ運転、エコ自動
エコ自動
リモコンのカレンダー情報と外気温の変化で、季節を判定し、季節と温度状況に適した運転と設定温度をエアコンが自動で選択。ボタン1つでエアコンにおまかせでき、快適さはそのままに、手間なく省エネできます。

●AY-H22Dにおいて、当社独自の条件により評価。

  • エコ自動運転の省エネ性能は、当社試験室、外気温35℃、季節 夏、日射がなく、同一体感温度となる運転開始から1時間後の積算電力量を比較。AY-H22Dにおいて、当社試験室(6畳)にて、エコ自動時(384Wh)と通常冷房運転・設定温度26℃(592Wh)とで比較。設置環境、使用状況により効果は異なります。

このページのTOPへ

除湿

風をしっかり制御し、肌寒さを抑えるコアンダ除湿

(再熱除湿方式ではありません。室温の低下があります。)


湿度を設定できる除湿です。除湿運転時の冷風を天井面に吹き上げ、風が体にあたらないようにします。

このページのTOPへ

このページのTOPへ